企業公式アプリの今がわかる!OMOアプリ白書<最新版>

f:id:growth-marketing:20210122094115p:plain

企業がグロースマーケティング戦略を実施するにあたり、大変重要になってくるのが市場調査です。他者を知ることで、改めて見えてくる戦略や戦術があります。

今回は、SaaS型アプリ開発サービス「ModuleApps」を提供する株式会社 ロケーションバリューが、その事業運営を通して蓄積したデータを分析した資料をご紹介します。

これからグロースマーケティングを実践するためにアプリを作ろうとしている企業や、すでにアプリはあるが課題を抱えている企業、OMO(Online Merges with Offline)を進める企業のマーケター・プロマネ・事業戦略担当者の方へおすすめです。

業界別アプリアクティブユーザー数

f:id:growth-marketing:20210122101239p:plain

独自の250万件以上のユ ーザーログデータより算出した、MAU(Monthly Active User)数を業界別で比較。コンビニ、ファーストフード、家電量販店、ドラッグストア、アパレル、カフェ・喫茶、ホームセンター、食品スーパーの8つの業界でどれだけアプリが実際に使われているボリュームがあるかを知ることができます。(ブルー棒線)

一方、総ダウンロード数(オレンジ折線)に関しては、業界による差は少ないことが分かります。

グロースマーケティングにおいては、アプリダウンロード後のリテンション(何度も使っていただくこと)が大変重要となってきますので、コンビニ業界レベルまでアクティブユーザーを増やしたいですね。

 

他にも、「業界別アクティブユーザーの多い企業ランキング」や「企業公式アプリ開発の背景」など、他では入手できない情報をまとめておりますので、ぜひ下記リンクよりダウンロードしてみてください。

資料をダウンロードする

 企業公式アプリの今がわかる!OMOアプリ白書

目次
1. はじめに
2. 分析根拠
3. 業界別アプリアクティブユーザー数
4. 業界別アクティブユーザーの多い企業ランキング
5. 企業公式アプリ開発の背景
6. 企業公式アプリ活用状況
7. 企業公式アプリ運用中の課題

 

 

【著者紹介】

グロースマーケティング編集部

編集部やスタッフが、プロダクトのデータ解析や継続率改善など、
自社サービスのグロース戦略に役立つ情報をお届けしています。