Amplitudeを使ってあなたのプロダクトをグロースさせよう!

f:id:growthmarketing:20200817113913p:plain

このサイトをご覧になっているみなさんは何らかのプロダクトをお持ちで、そのプロダクトをグロースさせたいと思っている方が多いのではないでしょうか。

ECサイトをお持ちならより購買してもらうサイトにしたい、メディアサイトをお持ちなら記事をたくさん読んでもらいたいなど、プロダクトによって成長させたい課題は変わってくると思います。では、どうやってその課題を解決しますか?どうやってプロダクトをグロースさせますか?今回はあなたのプロダクトがグロースできるポイントを簡単にご説明したいと思います。

f:id:growthmarketing:20200817113929p:plain
グロースハックのAARRRモデルって?

プロダクトをグロースさせようと思う時、グロースハックという手法を使う方が多いと思います。グロースハックとは、ドロップボックスを急成長させたショーンエリスという人物が提唱した手法で、世界的に有名な多くのプロダクトを始め、今でも広く使われているグロースの手法になります。そのグロースハックで用いられているフレームがAARRRモデルになります。「アーモデル」「アールモデル」と読まれることが多いです。

AARRRとは、以下グロースに必要なフェーズの頭文字を取っています。

(A) Acquisition ユーザー獲得
(A) Activationユーザー活性化
(R) Retention  継続
(R) Revenue   収益化
(R) Referral    紹介

それでは、それぞれのフェーズを詳しく見てみましょう。

AARRRのフェーズとは?

1. Acquisition ユーザー獲得

まずプロダクトをリリースした時に、潜在顧客にプロダクトを使ってもらう、これがグロースの最初のフェーズ、ユーザー獲得になります。

アプリをリリースしても誰もダウンロードをしてくれなったり、サイトを立ち上げても誰も見にきてくれなかったり、使ってくれるユーザーがいなければそもそもグロースなんてできません。なので、まずはユーザーを獲得することから始めます。

2. Activation  ユーザー活性化

アプリをダウンロードしてくれても使ってもらえてなかったり、広告などで誘導まではしたけど、全然サイトを見てくれていなかったり。

それだと良いプロダクトとは言えません。ですので、次のフェーズはユーザーを活性化させること、すなわちプロダクトを使ってもらうことになります。そこで重要なのはユーザーがあなたのプロダクトに価値を感じていることです。PMF(プロダクトマーケティングフィット)という言葉がありますが、PMFがこのフェーズでは重要になってきます。

3. Retention  継続

プロダクトを使ってくれていても、1回使って終わりだとユーザー数も増えないし、いくらユーザー獲得してもキリがありませんよね。次のフェーズ継続では、ユーザーに長く、何度もプロダクトを使ってもらうことを目指します。毎日使ってくれるユーザーが多ければ、自然にMAU(Monthly Active User)も増えますし、サイトの活性化にもつながります。

 

4. Revenue収益化

ユーザーもたくさんいて、プロダクトも継続的に使ってくれている。そうなるとそのプロダクトはかなり良いものになっているのではないでしょうか。そうすると次のフェーズではそのプロダクトで収益を得ることを考えると思います。すなわち収益化です。多くのプロダクトは何らかの収益を得るために作られていると思います。ECなら扱っている商品の売上ですし、メディアサイトなら広告収益かもしれません、また音楽ストリーミングアプリのようにプロダクトの使用自体で収益をあげているものもあるでしょう。あなたのプロダクトに合った収益化を目指しましょう。 

5. Referral紹介

最後はReferral紹介です。収益化まで成功したら、もっと多くのユーザーに使ってもらいたいと思うはずです。その時に既存のユーザーに友達などを紹介してもらう、すなわちReferral 紹介を行いましょう。SNSなどのシェアなどもここに含まれます。既存のユーザーからさらに潜在ユーザーを増やします。そしてその潜在ユーザーにより、最初のAcquisition ユーザー獲得に戻って、またAARRRを繰り返します。このIteration(イテレーション、繰り返し)こそがグロースハックの手法となっています。 

f:id:growth-marketing:20200611050017p:plain

Amplitudeを使ってグロースハックしよう!

では、どうやってAmplitudeを使ってグロースハックするの?と思われる方も多いでしょう。Amplitudeは「行動分析ツール」です。

AARRRモデルをよく見てみると、すべてユーザーの行動が軸になっています。つまり、AARRRモデルのフェーズを一つずつ解決するためにはユーザーがあなたのプロダクトでどういう行動を取っているかを知ることが重要になってきます。

Amplitudeを使えるようにするにはタクソノミ設計と言われるイベント設計が重要です。そしてそのタクソノミ設計はAARRRモデルを元に作成していきます。つまりプロダクトの成長全体を見られるように設計していくのです。

クライアント様によって、Retentionだけ見たいとか、収益化は求めないなどといった場合ももちろんありますが、基本的にはAARRRモデル全体が見られるように設計していきます。

どうですか?Amplitudeを使ってあなたのプロダクトをグロースさせたいと思いましたか?

ユーザー行動分析をしてプロダクトをグロースさせるなんて、なんだかとても難しいことのように聞こえますが、そんなに難しく考えることはありません。店舗を経営している人が、お客様の行動を見て、レイアウトの動線を変えたり、POPの位置や内容を変えたり、照明の色を変えたりしますよね。それと同じことをオンラインプロダクトでするのと同じです。難しく考えず、まずはぜひ、あなたのプロダクトでも試してみてください。

お客様の行動を理解すれば、あなたのプロダクトはきっととってもいいものになると思いますよ。

【著者紹介】

三原 容子

アパレル業界でオフラインマーケティングを経験したのち、IT業界に転職。マーケティングとITが融合したデジタルマーケティングに興味を持ち、デジタルマーケティング企業の立ち上げに参画。その後、大手ベンダーに戻るが、オフラインとオンラインを掛け合わせたデジタルマーケティングを行なっているロケーションバリューに可能性を感じ入社。